悪徳探偵社に注意!騙されないために知っておくこと

悪徳探偵社の手口を知る

悪徳探偵社の被害

・必要以上に人手や時間をかけ、料金を高くする。
本来必要な人員以上に人手を増やし、その料金も請求するやり方です。
もしくは使っていない人員分も水増しして請求するという場合もあります。
時間も同様、本来必要な分以上にかけ、料金を上げるという手口もあります。

・実際には調査をせずにしたように見せる
探偵の仕事は場合によっては成果が上げられないことがあります。
これはどうしても起きることなので、仕方がありません。
しかし、実際は調査などはせずに、さも調査をしたが成果が得られなかったように見せかけて料金をだまし取るという手口もあります。
見積もりよりも安く済むことがありますが、そもそも調査をしていないので、完全に無駄なお金を取られてしまうという事になります。

違法行為の探偵社にも注意

探偵の業務は元来グレーなものが多いです。
きちんとした探偵社では、当然法律を守った中で依頼を遂行していきます。
しかし、悪徳探偵社では法律を無視した調査が行われることがあります。
例えば不法侵入をする、身分を詐称して対象に近づく、聞き込み時に名誉棄損ととれる言動をする、などです。

探偵社が違法行為をし、それが明るみに出ることで依頼者が逮捕されるという事はほとんどありませんが、依頼の達成が困難になってしまうことがあります。
契約自体がうやむやになってしまったり、対象の人に依頼がばれてしまったりなどの不利益が起こってしまいます。
場合によっては警察の捜査に協力する必要が出てくるなど、時間もお金も無駄にしてしまう可能性があります。